忍者ブログ

コーギーとお昼寝

市町村・鉄道・企業擬人化サイト、オンラインブクマはご遠慮ください。

浦和駅には貧乏神が住むという

*浦和と大宮の話。

久しぶりの大宮駅は人でごった返していた。
「ほんとにいつも混んでるよねぇ」
「うん、Яは嫌いじゃないけどさ。この人ごみ」
「今日は雪でどこも遅延してますからね、姉さんも僕も」
突然別の声が割り込んでくる。
「おや、宇都宮線。久しぶりじゃない」
「古河さんも相変わらずのようで」
「相変わらず大宮以北は駅員に丸投げしてるらしいけどたまにはうちにも顔出してよ。」
「小山と宇都宮はたまに顔出してますよ」
「そういう意味じゃなくて古河にだよ」
ため息をつくとどこからかすすり泣く声がした。
「・・・・・・・うーちゃぁぁぁん」
「姉さん?!どうかしたの?」
「信号壊れたぁぁぁ!」
「またぁ?!ああもう、姉さんのぶんの乗客も大宮まではどうにかするから本当に駄目そうなら振り替え発動とかやってよ!」
相変わらずこの姉弟は急がしそうである。
そういや本数で言えば姉のほうが多いのだけれど、たびたび大宮駅の信号が壊れているんだっけ。
「大宮駅の信号は呪われてるのかな?」
「そんなこと要ったら姉ちゃんトコは貧乏神か疫病神住んでることになるよ?」
「ああ、そうだっけ」

*         *

1932年
『国鉄、あなた今なんて?』
『ですから東北本線と高崎線の一部列車は浦和駅を通過することにしました、と言いましたが』
『ふざけないで、どうして大宮が優先されるわけ?』
『大宮に分岐があるからだ』
『埼玉の中心はこの私よ!あいつじゃないわ!』
『浦和姉ちゃん・・・・』
『あんたも弟ぶらないで』
『昨年届いた埼玉県議長の物も読んだが、あれはいささか強弁過ぎると思う。
したがって大宮を分岐とする』

*           *

「あの頃から浦和は大宮嫌いだったよね」
「きっと思うところがあるんだよ・・・・・きっと」
「血の繋がりは無いけど兄弟みたいなものだったしなぁ・・・・・ずっと」
ぼんやりと大宮駅の窓の外から見える雪にため息を漏らしていた。











「鉄道ひとつばなし」の「浦和駅の謎」を参考にしつつ書いてみました。
しかし浦和さんの初登場これって・・・・・。

拍手

PR

宇都宮が最近がんばりすぎてて怖い、って話

「・・・・・はな○るマー○ットで餃子特集」
「佐野、少しは観光客増やす努力してるんだよ?」
「気持ちは分かるがそこまで躍起にならなくても良いんじゃ?」

「何言ってるのさ、こういう時にこそ水戸をぎゃふんを言わせないと駄目っしょ!北関東一の栄光は前橋兄さんでも水戸でもなく俺のものなんだから!」(ドヤァ)

「・・・・・水戸に同情」
「えーひどいなーさののくせにー(棒読み)」
「はいはい」







拍手

もう昔の話だよ

「そう言えば」
ふいに古河が呟いた。
「ん?」
「宇都宮と栃木ってそんなに仲良く無かったよね?」
隣人としての記憶だけど、と付け足すと栃木が喋りだす。
「うん、嫌いだったよ。」

もう昔の話だよ

昔、僕らは「栃木県」だった。
だってあの時県庁は僕のところにあった、あいつは所詮宇都宮県の県庁。
上司のほうの都合で宇都宮と合併した。
でも最初は『栃木県に忠誠を誓う』なんて言ってたのにね、県庁取られたんだよ。
上司が自由民権運動嫌ったせいだけどね、呪われればいいのに。
嫌だったよ、むこうの勝手な都合で移転してただの市町村になるなんて。
古河も分かる?
分かんないよね、別にいいけどさ。
今でももう一度死んでしまえば良いと思うよ、あの人は。
もう死んでる人間に何言っても無駄だけどね。
あの後、自分は宇都宮のアホが好きだと思った。
少なくともバカ上司よりは好きだし、いまでもそこは良く分からない。
でもいっそ佐野がいなくなってあのポジション掻っ攫うのも悪くないよなぁって思ってはいるよ。
古河は僕と宇都宮が仲良くなったと思ってるけどそれは違う。






あのアホが許せるようになっただけだよ。











昨日のくもじい見てたらどろどろ宇←栃妄想が止まらなくなった。
死ねば良い死ねば良いと思いながら結局惚れたとちーで私は白米3杯いける。

拍手

バーコード

カウンター

忍者アナライズ