忍者ブログ

コーギーとお昼寝

市町村・鉄道・企業擬人化サイト、オンラインブクマはご遠慮ください。

走れ!

外出自粛制限が解かれた日、久しぶりに靴箱からランニングシューズを引っ張り出した。
いつものランニングセットの入ったカバンを背負って走り出す。
五月晴れの風の中、人と距離を取りながら多摩川の河川敷を目指すと赤い布マスクの先輩がフラッと手を振った。
「あ、先輩久しぶりー」
「直に会うのは、だけどな。……サンゴリアス、お前やっぱ太ったろ」
外での練習が自粛になってから、先輩とちゃんと会う事は全然なくていつも画面越しだった。
「先輩も太ったとか言ってたじゃん!」
「お前が余ったもんうちに持ち込むからだっての!」
軽い雑談とともに息を整えると、ランニングウォッチやスニーカーのひもを確認する。
「……じゃ、行くか」
「はあい」
今日は久しぶりに長距離を走る。
多摩川の河川敷をなぞって羽田まで20キロほど、ほぼハーフマラソンだ。
家でのストレッチや筋トレはずっとやって来たけれど長距離ランは久しぶりだ。
以前の長距離走のリズムを思い出すように、心拍数を上がり過ぎないちょうどいいペース配分で、舗装された道を踏みしめるように走る。
先輩も久しぶりなのか時々河川敷のほうに目をやりながら深く息を吸い込みながら走る。
水道橋が見えてきた。ということはもう狛江まで来たから羽田まであと半分くらいだろうか。
(にしても久しぶりの長距離走、きっついな)
前はまだ平気だったのに少し持久力が落ちたのかもしれない。
少しだけテンポを落としてできるだけ酸素を多めに体に送り込むようにすると、体は少し楽になる。
すこし先を走る先輩がちらっと先輩がこちらを見るので、平気だという顔をするとならいいやと言う顔をした。
首都高の高架を超えるとそろそろ二子玉川だ。
少し先で先輩がふいに足を止める。
「どうかしました?」
「ブラックラムズがいたから」
ほら、あそこ。と先輩が指を刺したところには確かに人影がある。
よく見たらラグビーボールの壁あて練習だ。
ふとブラックラムズさんのほうも俺たちに気づいたようで、軽く手を振って来たので俺たちも手を振り返した。
「おーい、そっち行っていいー?」
「良いぞ」
行こうと先輩が言うままに着いていくと、壁あての手を止めたブラックラムズさんがそこにいた。
「こんなとこでやってたんだ」
「ここの壁が色々と都合が佳くてな」
地面に置いてあったスポドリを飲んでくるので、俺もせっかくだしと飲み始めた。
この二人が盛り上がりだすと年下の俺はどうも突っ込めない。
「走って来たのか」
「久しぶりに長距離走って羽田まで行こうと思って」
「羽田か、帰りはどうするんだ?」
「電車で帰るよ」
「……なら我のほうで車を出そう、ちょうどサンゴリアスに借りた容器類を返したいと思っていたしな」
「えっ、いいの?!と言うかタッパー返してくれる気あったんだ」
「返す機会がなくて返せずに居ただけだからな、しっかり洗って漂白もしてあるぞ」
「やった。先輩どうする?」
「んー……じゃあ、せっかくだし便乗させてもらうわ。待ち合わせどこにする?」
「所用を済ませてからになるが其れで良ければ、30分後に穴守稲荷で良いか?」
「俺はいいけど先輩は?」
「少し休んでから帰る感じでちょうど良いかなあ」
「了承した」
それじゃあと言う感じで別れると、再び俺たちは走り出す。
すると先輩が突然走りながら話を切り出した。
「六郷土手着いたら穴守稲荷まで全力で走るか」
「は?!」
「最後の追い込みだと思ってさ」
「15キロ以上走ってラスト5キロスプリントって!」
「イケるだろ、どうせ帰りは車だし灰になってもまだ燃えてこそラガーマンじゃん」
「そんな無茶な!」
ああだこうだ言いあいながら走っているともう新幹線の高架が見えてきた。
この先多摩川はぐにゃりとひの字に曲がって、その一番端っこが六郷土手になる。
「……俺帰ったら筋トレできないじゃん」
「もうこのランニング自体トレーニングじゃん」
これもう俺が何言っても聞いてくれないやつだなと何となく察しがついたころにはもうJRの高架が見えてきた。
「この先の第一京浜道路、あそこからスタートにするか」
「……俺が勝ったらプリンね!」
「おー」
第一京浜道路の柱の前で一度立ち止まると、ここからが最後5キロのスプリント対決だ。
水分を取って息を整えて、汗も軽く落とす。
「んじゃ、行くぞ」



よーい、どん!


サンゴリアスとブレイブルーパスとブラックラムズ。
ただただ多摩川走ってほしかっただけです。

拍手

PR

静かに燃ゆるは赤きもの

大切に想える人がいるという事は幸福なことだと思う。
それが親であれ仲間であれ恋人であれ、一人ではないと思えるのはこころが穏やかでいられる。
「というわけで姐さんよかったら受け取ってもらえます?」
縦長の瓶に詰められた赤いカーネーションの花にその人は目を見張った。
20センチほどの瓶には赤いカーネーションやバラを詰め、感謝と情熱をその中に詰め込んだ。
「奇麗なハーバリウムね」
「きょうは母の日ですからね」
「あら、スティーラーズは私のこと母親だと思ってたの?」
「人の関係性で言うなら母親のお腹の中に眠る赤ん坊みたいなもんやないですか、俺らの関係は」
親会社という言葉に表されるように企業を経営母体とするチームはいわば親子のように密接だ。
すべてが親会社の手の上にあり、ときにその生死すらもこの人に決められる。
自分がへその緒で命をつなぐ赤子のように弱いことも、自分を生かしてくれているこの人もまた決して強くないことも、永い生の中で充分学んでいる。
「……そうね」
ぽつりとつぶやいてそのハーバリウムを抱きしめると「大切に飾ることにするわ」と言う。
その笑みを見て、きっともう気づいているのだろうと確信する。
このハーバリウムが市販品ではなく俺が自分の手でひそかに作ったものであることを。
そして中に飾られたカーネーションの数が、この世を去っていった俺の兄妹たちと同じ数であることを。
世を去った兄妹たちがこの人をまだ愛してくれているかは分からないけれど、この家で長く過ごした兄妹であるからそうであってほしいという俺の一方的な願いであることも。
「ええ、そうしたってください」
「私もスティーラーズの誕生日には何か用意したほうがいいかしら」
「別にモノはなぁんも要りません。
ただ、俺がラグビーできる日々が一日でも伸びて、姐さんが真摯に俺を応援してくれる。それが俺の一番必要なもんですよ」
「それもそうねえ」




スティーラーズと神戸さんの母の日

拍手

たいていのことは不要不急

やる事がない。本当に驚くほどやる事が無いので、このところ土日は自分のグラウンド整備とクラブハウスの掃除に勤しんでいる。
「もう洗うもんがない」
ボールと言うボールを全部磨いてアルコール消毒したり、潮風をずっと浴びてるゴールポストや車のさび止めを塗り直したり、芝生を整備したりと施設内のありとあらゆるものを洗浄漂白しているがいかんせん誰も使ってないので汚れようが無い。
玄関わきに物干し台を作って色んなものを干してるが、もうこれが乾いたら洗うものが無くなってしまう。
「おひさしぶりデスヨー」
「ああついに暇すぎて幻聴まで聞こえて来よる……」
「幻聴じゃないですヨー」
声のする方を見ると何故かマスクもしてないレッドスパークスと目が合った。
ようやく気付いて貰えたのが嬉しいというように思い切り抱きつこうしてくるので、

「ソーシャルディスタンス!!!!!」

反射的にアルコール消毒液を吹き付けると「ぁ゛ーっ!」と悲鳴が上がる。
「目がー!目に入ったデスー!!!!!!!」
「と言うかお前このご時世によく家まで遊びに来よるな」
「宗像の道の駅まで新鮮なお魚の買い出し来たから寄り道しただけデスヨ……」
「道の駅はあの川の先やけん間違えとるぞ」
「う゛~゛……みんなこれですヨ……」
「このご時世やけん仕方ないっちゃ、あと目ぇ擦り過ぎると腫れるぞ」
「顔にアルコール吹き付けたのそっちでショ?!」
「それはすまん」
不要不急の外出じゃないのかこれ、と思ってしまったがもうめんどくさくなってきた。
「マスクあるか?」
「ありますケド……」
「ならつけろ。そしたら買い物付き合っちゃる、ついでにコーヒーでも奢るけんそれで許せ」
そう言うと実に嬉しそうにこっちを見るので、抱きつかれないよう適度に距離を取りつつマスクと消毒液を取りに行くのであった。
「あと選手スタッフ社員に感染させんように帰ったら全身洗え!」
「そこまでのことデス?!」






―その頃のキューデンヴォルテクス氏「自粛で家庭用電気の需要が上がってる……きつい……」


ブルースとレッドスパークス。
タイトルはツイッタで見た曲から。

拍手

ただただ料理を作る話

自粛自粛で何もできない週末は料理を作り置きしておくことにした。
まずは手洗いうがいをして余計な菌を落とす(このご時世なので衛生面は大事だ)
今月の頭にぬか床から作り始めたぬか漬けをかき混ぜ、捨て漬けのニンジンの切れ端を齧ってみる。
「……うん、もう本漬けにいけるかな」
残りの捨て漬けは外の植木の肥やしにでもしておけばいいか。指先についたぬか床も風味が出始めてる気がする。
野菜室にぎゅうぎゅうに詰めた新鮮野菜から、まずは大根と人参、キュウリを引っぱり出す。
にんじんは縦半分に、大根も大きいから四分の一に割ろう。キュウリはそのままでいいか。
昨今は野菜や肉が随分と値下がりしてるのでいつもなら手に入れられそうもない飲食店向けのいい野菜が一般向けに流通してるからありがたい。
軽く塩を振って塩もみすればあとは大きなタッパーのぬか床に漬けておくだけだ。
「……大きめのたるでもあれば自家製のたくあんとか漬けられるのになあ」
残った大根は薄切りにしてと一緒に塩・昆布・唐辛子で浅漬けにする。浅漬け器は元から持ってたし、すぐに漬かるだろう。
次は春キャベツでザワークラウトを作ることにしよう。
大鍋で保存ビンを煮沸消毒し、その間に春キャベツを太めの千切りにしておく。
春キャベツは柔らかいし葉の量が少ないからひと瓶で二玉ぐらい入るだろうし、煮沸してるビンは2つ。なら4玉はイケるだろうか。
キャベツを千切りにしてると充電器に挿しっぱなしだったスマホがけたたましく鳴り響いた。
とりあえずハンズフリー通話にすると、聞きなれた同郷の先輩が『もしもし?』と問いかけてきた。
「工場休みのブレイブルーパス先輩どうかしましたー?」
キャベツを刻みながらそう問いかければ『しょっぱなからそういうのやめて』という厳しいコメントが飛ぶ。
『あと先週貰った浅漬けといちごのジャムすごい旨かった、ありがとう』
「どういたしまして、いまザワークラウト作ってるんで完成したらひと瓶持って来ましょうか?」
『ザワークラウトってあれでしょ、酸っぱいキャベツの漬物。あれ家で作ってんの?』
「だって暇だし」
『暇を持て余し過ぎじゃない?というかそんな漬物ばっかり作って……』
「生野菜は日持ちする奴でも限度ありますしね、漬物か冷凍惣菜にして今のうちに今年一年分ぐらい作っとこうかと」
『いや多い多い、そんな作る必要ある?』
「飲食業なんで農家は大切にする主義なんです」
『あー……どうせなら他の奴にも持ってきなよ。イーグルスとか、ダイナボアーズとか』
「イーグルスはともかくダイナボアーズさんはちょっと……雰囲気怖いし……」
『あいつが怖いのは顔だけだよ、まあ俺が持ってってもいいけど』
「じゃあそうします」
そうこうしてるうちにキャベツは全部刻み終わったので、瓶を煮沸してたお湯を大きめのカップに汲んでボウルに回しかけて消毒する。
ボウルにキャベツをぶち込んで、しんなりするまで塩もみ作業だ。
『あとまだ作ったりすんの?』
「しますよ。きょうは良い卵と牛乳あったからこの後タルタルソースの作り置きと牛乳寒天にして、グリーンピースは豆ごはんにして、今あく抜きしてるたけのこは大根と蕗で煮物にして、あと昨日甘夏箱で注文したから届いたらマーマレードにして……『多い多い多い!』
『もう作り置きのレベル超えてるでしょ、それ全部一日で作るの?』
「作れますよ?日持ちするようにしとけば食べるのはいつでもいいし」
『まあそうだけどさ……太るよ?』
「それなんですよね!」
塩もみが終わったキャベツを煮沸した瓶にひたすらぎゅうぎゅうに詰める。
『……太るのわかってて作るの?』
「だってやる事ないんですもん。仕事そんなにないしトレーニング機材も勝手に使えないんで」
瓶にキャベツをめいいっぱい詰めたら、上に重しをしてしばらく置いておく。
『それで延々と作り置きに行く?』
「先輩もご飯作る手間省けるでしょ」
『トレーニングしなよ……』
「平日はしてますよ、ただトレーニングし過ぎも体に良くないんで土日は休みです」
たけのこのあく抜きもいい頃だ、たけのこと蕗の煮物に移ろう。
あく抜きに使った鍋はかるく水洗いして蕗の下茹でに、瓶の煮沸に使った鍋はタルタルソースの卵を茹でるのに使うことにした。
蕗の板ずりの間にお湯を沸かし、卵は水から茹でてエッグタイマーも入れておく。
『うん……確かにお前の公式であげてる一般向けトレーニング動画明らかにプロ仕様だもんな』
「あれぐらいの強度なくちゃ俺の身体が鈍るんですよ」
『ファンは一般人ってこと忘れてるだろあれ、アークスみたいにラジオ体操ぐらいにしとけよ』
「ラジオ体操もしますよ、トレーニングの前に」
『oh……お前そう言う奴だったな』
なんか呆れられてる気がするが気にするまい。
蕗の下茹でとゆで卵づくりの間に、たけのことわかめを食べやすく切っておこう。。わかめは後で入れるので別の容器に入れておく。
「先輩の方は派手になんかやったりしてませんよね」
『お前やレッドスパークスみたいにトレーニング動画作ったりはしてないな。というか朝晩のあいさつ動画とか塗り絵作ってるスピアーズは準備良すぎだと思うんだけど』
「野生児っぽいから勘で準備してたとか?」
『田んぼ駆けずり回ってるもんな』
「あー……千葉の三人って何だかんだじっとしてなさそう」
『アークスもあれで走り回ってるもんな、半分ぐらいは周りのせいだけど』
「ほかの皆もどうしてるんですかねー」
『元気にはしてるだろうけどねー』
下ゆでの終わった蕗を取り上げて、軽く水で冷やしてから筋取りをして食べやすいサイズにざく切りにする。
あとはたけのこと一緒に煮込んで、最後にわかめを合わせるだけでいい。
その隙に卵と酢と油をハンドミキサーで混ぜてマヨネーズを作り、新玉ねぎと先週作ったピクルスをみじん切り器で粗みじんにしておく。
「あー……」
『なに?』
「いや、タルタルソースに色味足りないから人参足そうかなって」
『お前は一体何を追及してるの?』
わりと真剣にそう問われれば「何なんでしょうね」としか答えられないのであった。





暇を持て余した府中ダービーのくだらない話。

拍手

白菊花火を見に行く

午後6時半過ぎ。
鵜住居駅を降りる人は思ったよりも少なく、まばらだった。これも昨今巷をにぎわせるウィルスのせいなのだろう。
駅から歩いてすぐ、まだ真新しいスタジアムのベンチに腰掛けて方位磁針で海の方を探した。
沖合で打ちあがる花火を見るならばもっと海岸近くへ行くべきなのはわかっていたが、どうしてもここからあの花火を見たかった。

2011年3月11日、ここはのちに釜石の奇跡と呼ばれる避難劇の舞台であった。
そして去年、ここはワールドカップという素晴らしき舞台にもなった。

タオルにくるんでに入れて持って来たのは熱燗の日本酒。
四合瓶をお湯に入れて温めたのを厚手のタオルで割れないように包んだからまだ熱いぐらいだ。
パキリと四合瓶のふたを開けて、熱燗を紙コップに少量移す。
ほかほかと沸き立つ湯気の向こうから花火の音がする。
鎮魂の白菊花火が、釜石の夜空に大きく咲くのが見えた。
ここにいる人も向こうへと去った者も、みんなこの白い菊花を見ているだろうか?


「乾杯、」

夜空に咲いた白菊の花に、この酒を捧げよう。
そしてくいとその熱燗を飲み干した。


シーウェイブスさんのはなし。
あの日から9年も経ってしまったけれど、まだ忘れたりなんて出来ないのです。

拍手

バーコード

カウンター

忍者アナライズ