忍者ブログ

コーギーとお昼寝

市町村・鉄道・企業擬人化サイト、オンラインブクマはご遠慮ください。

いばらきなひとびとスピンオフ:ふくいなひとびと 設定

・設定
いばらきなひとびとのスピンオフなので設定は基本的に同一。
基本設定については「はじめに」などをご覧ください。
スピンオフ扱いなのは本編の舞台である茨城と福井が物理的にかけ離れすぎているためです。
結城←福井(←熊本)を前提に福井県嶺北中心に進みます、時々茨城県西(詳細は「いばらきなひとびと」キャラ紹介参照)も登場。

福井嶺北

・福井市
言わずもがなの福井県の中心な美少女。
結城秀康公と結城を慕いつつ、一乗谷のPRに余念がない素直で真面目な可愛らしい戦乙女。
しかし結城に対しては片思いをこじらせて乙女な上、もともとが口下手で気持ちがうまく表に出せないのでうまく行かない。なお結城に本命がいる事は知らない。
永平寺にはよく警策を打ってもらう。
鯖江・勝山は元支藩で現在も関係は良好。
北ノ庄と福井は別人扱いです。

・永平寺町
古刹の門前町要素溢れる坊主。
基本的に微笑みを絶やさぬ善良な男だが、突っ込みに警策を使う嶺北のアグレッシブ担当。
絶対的傍観者ポジション。修行したいなら手伝うぞ?
福井ちゃんの保護者ポジションで恋のお悩みを度々聞かされている。正直思うところは多々あるがもう慣れたし深く突っ込まないようにしている。
・旧上志比村(仮)
のんびりにんにく育てる姉妹分。
永平寺町とは親類。
・旧松岡町(仮)
現役ドクターな眼鏡と白衣のお兄さん。

・あわら市
おっとりした温泉旅館の若女将。
妖艶な美人で三国町とは夫婦のような関係だが、諸々の事情(だいたい全部坂井のせい)で金津町と一緒になりその際漢字からひらがなに名前を変更した。
福井ちゃんの恋は素直に応援していて、相談に乗ることもある。
坂井と三国の間にあるものを察したうえで三国のことを愛している。
金津のことはちゃんと可愛がっている。
下妻と最近姉妹都市になったばかり。
・旧金津町
あわらの元で働くフツメンお兄さん。
かつてはたたら製鉄で栄えたことを反映してか、さびた鉄のような赤っぽい髪色をしている。
実は旧坂井郡の中でも屈指の年長者(あわらより年上)だが、坂井郡合併騒動において最も迷惑を被ったかもしれない最大の被害者。お陰で坂井・あわらに対する心中は複雑。
最近はあわらと三国に遠慮して家に帰りにくいのが悩みで、加賀市の家に入りびたっている。

・坂井市
嶺北の内弁慶ジャイアン。
身内である坂井郡に対してはわりと傍若無人で、俺のもんは俺のもんだから手出しすんな勢。
福井ちゃんに関しては県庁所在地として気にはしてるが、恋愛事情は正直どうでもいい。
三国が俺のところに来た以上あわらに三国はやらんし春江も福井にはやらん!と思っているが三国に対する感情が友情以上であることに自覚が無い。
・旧春江町
嶺北の胃薬がお友達系女子。
基本的にはほんわかとしたかわいい女の子だが、ストレスが蓄積すると突飛な行動に出る事に定評がある。
坂井市の傍若無人ぶりにいつも胃を痛めている、春坂市は最大のトラウマ。
福井ちゃんとは仲が良く、隣人・友人として福井ちゃんの恋を応援してる。
・旧三国町
商売と人間とカニが好きな旅館の若旦那。
小ざっぱりとした容姿と雰囲気のせいで漁師っぽさを感じさせるが、昔は漁師だったし今も冬はカニ漁に行く。
あわらとはほとんど夫婦のような関係で関係は良好だが、諸事情により坂井・春江・丸岡と一緒になった。
福井ちゃんは妹分のような感じ、昔から面倒を見ていたのでその恋も温かく見守っている。
最近坂井からあわらのところに行くなよ圧力を受けてて正直怖い。でもやっぱりあわらに会いたいので会いに行く。
・旧丸岡町
手紙と城跡の丸顔地味系男子。
ちょくちょくスルーされがちな悲しみの空気枠。とてもつらい。愛称は「マル」
福井の面倒を長年見てきた一人だが福井の恋についてはよく知らない。
手紙が好きで、よく文房具店で筆記用具や便箋などを眺めたり誰かへの手紙を書いたりしている。
最近は坂井の暴君振りに悩む春江の相談役。

・鯖江市
安心安全の眼鏡男子。
常にチャレンジャーで前向きな基本いいやつだが、明治のころから眼鏡に力を入れ始めて今では立派な眼鏡オタクに。みんなみんな眼鏡になぁれ♡
長年福井の面倒を見てきた幼馴染のような存在で、一度は併合する話もあったがいろいろあって立ち消えに。現在も福井の事が好き。
勝山は江戸時代からの腐れ縁のような何か。
武生の事は丹南のラスボスだと思ってるけど、越前市は可愛いと思ってる。
池田・今立は友人。

・越前市
ぅゎょぅι゛ょっょぃ。
嶺北の癒し。大天使。
好きな食べ物はボルガライス。
丹南(主に武生)から溺愛されている。
・旧武生市
嶺北のもう一人の暴君。見た目がちょう怖い。得意料理はボルガライス。
鯖江に丹南のラスボスとか言われたのは解せない。ちなみに女性である。
みんなみんな越前市になあれ♡ってレベルで一人娘を溺愛している。そしてそれを周りに強制してくるせいで怖がられてる。
どういう訳か三国と妙に仲がいい。
・旧今立町
今日ものんびり紙を漉く山里引きこもり職人女子。
正直紙漉きが出来れば後の事はどうでもいいタイプのマイペース。
武生は自分を養ってくれるから好き。鯖江もいい友人。
池田町とは友人だけど別に越前市になりたくないならならないでいいよー

・越前町
焼き物が趣味の女子高生。カニ食え。
南越前町とは兄妹のような何か。
武生がお前も越前市になれって言ってくるからこわい。

・南越前町
顔の広いお兄ちゃん。
越前町とは兄妹のような何か。
俺は越前市になる予定はないって言ってんだろ!
隣人の揖斐川町とたまに双方の県庁所在地や旧町村を巻き込んで夜叉が池の争奪戦を繰り広げているが、喧嘩するほどなんとやら的なアレなので基本的には関係は良好である。
峠を挟んで隣の敦賀とは意外に仲が良く、兄貴分のように思っている。

・池田町
山里に暮らす性別不詳の仮面の人。
何故か常に男神の能面で顔が隠れているが声や体つきが中性的なので女性にも男性にも見える。お面の下は誰も知らない。
武生の越前市になれコールは無視してる。
今立町や鯖江とは友人で、大野は豪雪地帯仲間。
実は稲敷とメル友。

奥越・嶺南

・勝山市
恐竜マニアの奥越のゆるふわ電波男。
福井のことは「ふくふく」、鯖江を「さばばー」、永平寺町を「えーじ」、大野を「おのくん」と呼ぶなど謎のあだ名をつけている。
恐竜が好きで仕事をサボっては恐竜博物館で化石を眺めている。
実は鯖江と共に福井の面倒を見てきた幼馴染のような存在で、福井の恋を本人なりに応援しているが方向性がおかしい。
大野や永平寺とは隣人として友好的な関係。特に大野の事は仲のいい友人だと思っている。

・大野市
奥越の地味眼鏡。必要に応じて「越前大野」を名乗ることもある。
見た目には普通の人に見えるがスペックが高く大概の事は人並み以上にこなせるが、何でも自分のペースでやりたいタイプのマイペース野郎だったりする。
勝山とは隣人で関係は良好だが、たまに勝山の電波な行動の被害に遭う。
旧白鳥町とは昔色々あったらしい。
古河は姉妹都市。

・敦賀市
何かと巻き添えられる嶺南のイケメン。
滋賀に編入されたり水戸と彦根の仲立ちをしたりとあっちこっちに引っ張り出される便利屋ポジションで、そのせいかたまにとばっちりうける器用貧乏。
ちなみに顔は津田寛治に似てる(福井談)あと服装が結構モダンでおしゃれ。
福井の事は嫌いではないが何かと噛み合わない嶺北と嶺南の仲介役にならざるを得ないので胃が痛い。
峠を挟んで向こう側である南越前町は弟分のように思っている。
小浜のことは江戸の頃は支藩として振舞っていたが今は対等な力関係の身内。
水戸とは結構仲が良く、時々行き来してるらしい。

・小浜市
黙っていれば綺麗なにーちゃん。
海のある奈良と呼ばれ鯖街道の起点として京都の食文化を支えてきたが、名前が同じだからとオバマ大統領を応援したりするような関西人的なノリの良さがある。というか自分のことを関西人だと思っている。
ジャ〇ーズ系の綺麗な面立ちをした青年だが、脱ぐとすごいらしい。
福井及び嶺北のことは便宜上一緒になっただけの他人だと思っている。
敦賀は身内だと思っているが、嶺北の事を気にしすぎでは?と思っている。
高島(滋賀)と良くつるんでいる。

・若狭町(仮)
多重人格な小浜の妹分。

・おおい町/高浜町(仮)
作業具姿の技術屋さんな双子の男の子。

・美浜町(仮)
人懐っこい笑顔の少年。

他県のみなさん

・熊本市
言わずもがなの熊本県の中心。
女性全般に免疫がない口下手ゴリラ。
福井市と友好都市で、ひそかに思いを寄せているがだいたいうまく行かない。

・加賀市
温泉と九谷焼の町。
寡黙を通り越して無口な九谷焼職人。
金津とはニコイチの関係で家に転がり込まれても黙って受け入れる。

・白山市(仮)
水と白山信仰の町。
糸目がちで神秘的な雰囲気の巫女さんだが、手先が器用で太鼓からディスプレイまで何でも自作してしまう。
金沢さんのことが大好き。
勝山と白山信仰絡みで時々謎の張り合いをしている。

・金沢市(仮)
言わずもがなの北陸の中核都市たる青年。
プライド高く気高い文化都市であり、武道よりも芸術を好む趣味人。
周囲の事は北陸の中心として自分が庇護するべき存在という認識であり、他県である福井組にもその態度なので嶺南組からは嫌がられている模様。嶺北組はあまり気にしてない。

・旧白鳥町(仮)
現在は消滅した町で、郡上市や旧八幡町などと共に一緒に暮らしている。
スキーを愛する爽やかで人当たりのいい青年。
奥越の2人とは腐れ縁で嫌ってはいないが変わり者だと思っている。
大野とは昔互いの県庁所在地や国まで巻き込んで揉めたことがある。
・旧石徹白村(仮)
大野と白鳥町の共通の女友達であり、二人の共通のアンタッチャブルでもある。

・揖斐川町(仮)
現在思案中

鉄道路線

・福井鉄道福武線
目つきが怖い運転手さん。
見た目はあれだが喋ると親切なすごくいい人。
路面電車な上に路線距離が短いせいか小柄、どう見ても中学生ぐらいにしか見えない。
少し前から三国芦原線と直通してる。
福井の家に居候している。

・えちぜん鉄道勝山永平寺線
寡黙な修行僧。
元京福電鉄越前本線。今だに「越前本線」と呼ばれることもある。
体に怪我の跡がいくつかある。一応本人は隠しているが隠しきれてない。
突然カニを買ってきたり突発的に京都に出かけたりするような思考の掴めないところがある。
三国芦原線は弟、本当はもう一人弟がいたが死別している。
勝山のところに居候している。

・えちぜん鉄道三国芦原線
明るく生きるアテンダントのお兄さん。
元京福電鉄三国芦原線。
観光地を繋いでる路線なだけあって人当たりが良く笑顔の絶えないがたまに出る真顔が怖い。
勝山永平寺線の弟。ブラコン傾向あり。
少し前から福武線と直通している。
あわらの家に居候している。

・JR北陸本線
言わずもがなの日本海側の雄。
北陸新幹線開業による3セク転換で背が縮んでしまい、大阪まで延伸したら福武線より背が縮むのでは?と内心戦々恐々としている。
越美北線と直通している。
福井と敦賀の家によくいる。

・JR越美北線(九頭竜線)
謎めいた美人(男)。
大野から溺愛されており、福井駅にはたまにしかいない。
福井駅では最年少なのにちょいちょい死にかけているがしぶとく生き延びている。
北陸本線と直通があり、たぶんいなかったら死ぬ。
大野の家に居候。

・小浜線
現在考え中

拍手

PR

バーコード

カウンター

忍者アナライズ