忍者ブログ

コーギーとお昼寝

市町村・鉄道・企業擬人化サイト、オンラインブクマはご遠慮ください。

花束をひとつ

それは30年くらい前の話。
神戸製鋼本社で関西三社による話し合いがひと段落して、加古川の入れた紅茶とお茶菓子で休息を入れていた、そんな時だった。
「そういや葺合、今日ホワイトデーだけどお返しはしないのか」
「……ホワイトデーって何だ?」
葺合が大真面目にそう聞くので私と神戸と加古川の三人がかりででホワイトデーの説明をすると、葺合は分からないなりに一応の概要ぐらいは理解したようだった。
「ただ、確かにこの間お菓子は貰ったがお返しは要らないというから用意してないんだが」
「それは西宮なりの遠慮よ、なにかお返ししてあげなさい」
「私もそう思います」
「なんかの焼き菓子でもいいから持ってってやれよ……」
西宮だって多かれ少なかれ葺合のことを特別に思ってるからバレンタインにお菓子を用意するのだし、持って行くべきだ。
無言のうちに形成された女三人の意見に葺合は圧倒され気味のようだった。
「わかった」
「じゃあ私の車乗ってきなよ、西宮のとこまで送るから。どうせ途中でちょっと寄るだけだし」
今思えば大きなお世話だったかもしれないが私と神戸にとって西宮は可愛い妹分だ、まして私のとこは女っ気がないのでなおのこと西宮が妹のように愛おしかった。

「……わかった」

会議後、車に葺合と神戸を乗せて何がいいかとやかましく話し合う私と神戸に対し、葺合は静かに窓の外を見つめながら考えこんでいた。
「とりあえず日持ちする焼き菓子が良いと思うのだけど、葺合はどう思う?」
神戸が私たちの話の結論を告げると葺合は小さな声で切り出した。
「……花束」
「え?」
「西宮に、春の花を持って行きたい」
「葺合にしてはロマンチストな発想ね、でもいいと思う」
「じゃあ花屋行くか?」
「いや、梅を……梅の花が良い。西宮には梅が似合うと思うから」
「梅の花かあ、確かに似合いそうだけど……切り花で売ってるのか?」
「私のとこの元社員で梅たくさん育ててる人いるからその人に分けて貰いましょ、奥池のほうになるんだけどいい?」
「はいはい、ちゃんと案内しろよ」

***

そうして今、西宮の家には大きな鉢に植えられた梅の木が咲いている。
「まさか接ぎ木して植木にしちゃうとはなあ」
「葺合からお花貰えたのが嬉しかったから……」
葺合が西宮にと渡した紅梅の枝は長生きさせるためにわざわざ接ぎ木してもらって丁寧に丁寧に育てられ、今じゃあ人の背丈ほどある梅の木となった。
今も、春が来れば葺合の愛が西宮の頭上に静かに降り注いでいる。



此花ネキと葺合西宮。春の先駆けは愛の匂いですね。

拍手

PR

愛は重くとろける

毎年のことだが、今年もまた八幡からチョコが届いた。
チョコレートケーキが1ホール。
(……あいつ、手加減しないな)
甘いものが食えないわけではないが一人で1ホール食いきれるわけがないのに奴はいつもホールで送ってよこしてくる。
当然食いきれない分はシーウェイブスや職員にお裾分けとなるが、言うと面倒なことになりそうなので他の奴に食わせたことはいつも伏せている。
全くなあとと思いながら同封された手紙を開いた。

釜石へ
今年もバレンタインですね、本来なら休みをもぎ取ってそちらに行くのですが今年は多忙のため行くことが出来ず郵送にて贈ることになりました。本当にすいません。
ですがその代わり、自分でケーキを作って拵えました。
釜石が以前食べておいしかったと言ってくれたオペラです。レシピはネットで探ったものですがその分チョコはいいものを使いましたし、何より釜石のことですから私の作ったものは全部食べてくれますよね?
ちなみにコーヒーは口直しにと用意しました。これも国内で手に入る中で一番高級なゲイシャです。大事に飲んでくださいね。
親愛なる師への敬愛を詰め込んで。
八幡

「……重すぎるわ!!!!!」
これは他人に絶対食わせられない。
コーヒーの方はともかくケーキのほうは人に分けたのがバレたらヒステリーもののヤツである。
いや、分かってる。八幡を突き放さない自分が悪いのだ。だけど同時に八幡の特別はこの世界で一人だけだと再認識する。たぶんこの先も八幡の特別は自分一人きりなんだろう。
ナイフを入れて素手で一口放り込むと、チョコレートの深い苦みとともに柑橘酒の香りがふわりと広がる。
まあいいさ、それがお前の望みなら胃もたれ覚悟でちゃんと食い切ってやろう。
お前の世界で一番重い愛に答えてやるのも務めなんだから。




八幡釜石の重い愛とバレンタインの話

拍手

ストロベリー&チョコレート

「知ってる?いちご大福って倉敷発祥なんだよ」
私がそんなことを言いながらおやつのいちご大福を差し出すと「そうなの?」と聞いてくる。
「うん、児島の方に発祥のお店があるって聞いたからここ来る前に寄り道して買って来たんだよ」
金曜日の昼下がり。
まだまだ終わらない仕事の山からの短い現実逃避にと買って来たおやつとコーヒーに福山は目を輝かせた。
現場仕事のために着ていた作業着を脱ぐと汗ばんだ皮膚にシャツが張り付いておっぱいの大きさがハッキリわかるような状態になってしまい、周りの若い男の子たちがソワッとするのが分かる。
男だらけの職場で福山がモテるのはわかるけど、私のお嫁さんなのであげませんよーだ!と思い切りあっかんべしてやるとすいませんと言うように彼らは視線をそらした。ふむ、あっさり引いた子たちは許そう。
福山が力仕事で汚れた手指をしっかりウエットティッシュで拭うと箱から丁寧にいちご大福を取り出す。
「美味しそう……」
「でしょ?」
福山がそんな風に笑う顔が、私は一番好きだ。私の大好きな愛しのひと。そして生まれた時からずっと近くにいた一番近しい人。
べつに葺合や西宮のことが嫌いな訳じゃないけど、私にとってずっと近くにいてくれたのは同業他社でも隣町にいた福山だったのだ。
「先食べていーよ」
「……何か企んでない?」
「企んでないよ」
粉を落とさないように気をつけながら福山が大きな口を開けて大福を齧ると、びっくりしたように目を開いた。
メガネの向こう側の眼差しはこの小さなサプライズの成功を意味してる。

「チョコクリームのいちご大福だ……」

福山のつぶやきに「そういうこと♡」と答えると、福山はカレンダーを見て「今日だったわね、バレンタイン」と呟いた。
製鉄所そのものである私たちにまともな休みなんてありゃしない。だけど恋人同士としてバレンタインにいちゃつく権利ぐらいはあるはずだ、と言うかそうじゃないと誰とは言わないけどバレンタインに合わせて北九州から釜石に飛ぶどっかの誰かさんの事を踏まえたら不公平だと思う。
「チョコ、また用意し損ねちゃった」
「いいよ別に、これからもずーっと私が責任もって福山のためにチョコ用意するんだから。ね?」
いちごとチョコレートのように最高の組み合わせの私達はこれからもずっと横に居続けるのだ。


水島と福山。
ピクグラバレンタイン参加作品でした。

拍手

愛とショコラは食べ放題

「福山、ハッピーバレンタイン!」
日帰り出張から戻ってきた水島がただいまも言わずにうちに駆け込むと、その手にはチョコレートとバラの花束があった。
「……ありがとう」
やれやれという気持ちで花束とチョコを受け取ると花瓶を引っぱり出して薔薇の花を飾る。
紅色の薔薇が1本と赤い薔薇が8本と言う組み合わせは、以前水島が教えてくれた薔薇の花ことばのことを思い出させた。
曰く、花の色や本数で全く違う花言葉があるので組み合わせによっては強烈なメッセージを込められるとかなんとか。
「この薔薇の組み合わせにも意味はあるの?」
「もちろん、聞く?」
「水島が恥ずかしくないのならね」
「別に恥ずかしくないよ。あと意味は『一目惚れして死ぬほど恋い焦がれたあなたに励まされて感謝してます、いつも一緒にいてください』だよ」
恥ずかしげもなく吐き出された愛の言葉に思わず視線を逸らす。
よくもまあこんなセリフを吐けるなぁと思うけれど、千葉さんも西宮さんも割とこういうところがあるから川崎製鉄の血なのかもしれない。川鉄の血が怖い。
「強烈すぎ」
「ありがと」
にこにこと笑う水島の健やかで真っすぐな愛情はいつだって強烈だけれど、そこが私の妻のいいところでもあるのだ。
「福山、今日の夕飯はなあに?」
「カレーライス、あとチョコフォンデュもあるけど食べる?」
「もちろん!」



福山ちゃんと水島ちゃん。
水島ちゃんはオタクなので花言葉は基礎教養です。

拍手

【パラレル】今まで通りでいられない

小倉と和歌山が師弟の一線を超えそうで超えない感じのお話。
いちおうパラレルです。


拍手

バーコード

カウンター

忍者アナライズ