忍者ブログ

コーギーとお昼寝

市町村・鉄道・企業擬人化サイト、オンラインブクマはご遠慮ください。

花束をひとつ

それは30年くらい前の話。
神戸製鋼本社で関西三社による話し合いがひと段落して、加古川の入れた紅茶とお茶菓子で休息を入れていた、そんな時だった。
「そういや葺合、今日ホワイトデーだけどお返しはしないのか」
「……ホワイトデーって何だ?」
葺合が大真面目にそう聞くので私と神戸と加古川の三人がかりででホワイトデーの説明をすると、葺合は分からないなりに一応の概要ぐらいは理解したようだった。
「ただ、確かにこの間お菓子は貰ったがお返しは要らないというから用意してないんだが」
「それは西宮なりの遠慮よ、なにかお返ししてあげなさい」
「私もそう思います」
「なんかの焼き菓子でもいいから持ってってやれよ……」
西宮だって多かれ少なかれ葺合のことを特別に思ってるからバレンタインにお菓子を用意するのだし、持って行くべきだ。
無言のうちに形成された女三人の意見に葺合は圧倒され気味のようだった。
「わかった」
「じゃあ私の車乗ってきなよ、西宮のとこまで送るから。どうせ途中でちょっと寄るだけだし」
今思えば大きなお世話だったかもしれないが私と神戸にとって西宮は可愛い妹分だ、まして私のとこは女っ気がないのでなおのこと西宮が妹のように愛おしかった。

「……わかった」

会議後、車に葺合と神戸を乗せて何がいいかとやかましく話し合う私と神戸に対し、葺合は静かに窓の外を見つめながら考えこんでいた。
「とりあえず日持ちする焼き菓子が良いと思うのだけど、葺合はどう思う?」
神戸が私たちの話の結論を告げると葺合は小さな声で切り出した。
「……花束」
「え?」
「西宮に、春の花を持って行きたい」
「葺合にしてはロマンチストな発想ね、でもいいと思う」
「じゃあ花屋行くか?」
「いや、梅を……梅の花が良い。西宮には梅が似合うと思うから」
「梅の花かあ、確かに似合いそうだけど……切り花で売ってるのか?」
「私のとこの元社員で梅たくさん育ててる人いるからその人に分けて貰いましょ、奥池のほうになるんだけどいい?」
「はいはい、ちゃんと案内しろよ」

***

そうして今、西宮の家には大きな鉢に植えられた梅の木が咲いている。
「まさか接ぎ木して植木にしちゃうとはなあ」
「葺合からお花貰えたのが嬉しかったから……」
葺合が西宮にと渡した紅梅の枝は長生きさせるためにわざわざ接ぎ木してもらって丁寧に丁寧に育てられ、今じゃあ人の背丈ほどある梅の木となった。
今も、春が来れば葺合の愛が西宮の頭上に静かに降り注いでいる。



此花ネキと葺合西宮。春の先駆けは愛の匂いですね。

拍手

PR

白菊花火を見に行く

午後6時半過ぎ。
鵜住居駅を降りる人は思ったよりも少なく、まばらだった。これも昨今巷をにぎわせるウィルスのせいなのだろう。
駅から歩いてすぐ、まだ真新しいスタジアムのベンチに腰掛けて方位磁針で海の方を探した。
沖合で打ちあがる花火を見るならばもっと海岸近くへ行くべきなのはわかっていたが、どうしてもここからあの花火を見たかった。

2011年3月11日、ここはのちに釜石の奇跡と呼ばれる避難劇の舞台であった。
そして去年、ここはワールドカップという素晴らしき舞台にもなった。

タオルにくるんでに入れて持って来たのは熱燗の日本酒。
四合瓶をお湯に入れて温めたのを厚手のタオルで割れないように包んだからまだ熱いぐらいだ。
パキリと四合瓶のふたを開けて、熱燗を紙コップに少量移す。
ほかほかと沸き立つ湯気の向こうから花火の音がする。
鎮魂の白菊花火が、釜石の夜空に大きく咲くのが見えた。
ここにいる人も向こうへと去った者も、みんなこの白い菊花を見ているだろうか?


「乾杯、」

夜空に咲いた白菊の花に、この酒を捧げよう。
そしてくいとその熱燗を飲み干した。


シーウェイブスさんのはなし。
あの日から9年も経ってしまったけれど、まだ忘れたりなんて出来ないのです。

拍手

二者択一のミステイク

書き込んであった試合の予定を消し、思わずその前でひざを折るようにふさぎ込む。
(……僕はいったいどこで何を間違えたんだろう?)
そう思ってこの最近のことを思い出してみても、分からなくてふらふらとベッドに倒れ込む。
ヴェルブリッツさんに聞いてみようか、と思ってもそれすらも怖い。
これまでずっと上に上にと走り続けてきて突然道が途切れてしまって、行き場もなく呆然と立ち尽くしている僕はどうしたらいいんだろう。
誰に詫びて、何を改めて、何をすればいいのだろう。
何かをしなくちゃいけないことは想像できても、その内容が何ひとつ出て来なくてペンを持ったまま呆然と立ち尽くしている。
突然ポケットに入れていた携帯電話が鳴り響いた。
メッセージの送り主はウォーターガッシュだった。
『頂いた牛乳で蘇が出来ましたのでご報告します』
添付されていたのはチーズのような茶色っぽい塊が複数個映っていて、これが蘇なのかと首をかしげる。
そもそも牛乳をあげた覚えもないし、間違えて送ってしまったのだろうか。
『メッセージの送り主間違えてるよ』
返信を出すと『すいません、釜石さんから牛乳を頂いたのでそのご報告でした』と返事が来た。
『牛乳を?どうして?』
『全国的な牛乳余りの影響でスポンサーさんからいただいたものをトップチャレンジ組にお裾分けしたいと一昨日連絡があったので、それで頂きました』
『そうなんだね』
『レッドドルフィンズさんにも明日ひとつお持ちしましょうか?』
頼んだ覚えもないのにそう言いだした彼に『大丈夫だよ』と返事をすると『それなら分かりました』とシンプルな返答が来る。
そうしてやり取りが途切れると、意味の分からないやり取りのばかばかしさに笑えてしまう。
というかそもそも何なんだ蘇って。聞くの忘れてるじゃないか。


……ああ、少し休もう。
こんなしょうもないことで笑えるなんてきっと僕は疲れてるんだ。

反省会は休憩後で良い。たっぷり休んだらきっと考える心の余裕もできるさ。


レッドドルフィンズとウォーターガッシュ。

拍手

焼き鳥にはビール

「やる事なくて暇だから呑もう」
退屈を持て余した府中の後輩の第一声はそれだった。
その手には焼きたての焼き鳥と缶ビールの箱がぶら下がっていて、ああコイツマジで暇持て余してるんだなあ……と察してしまう。
「いいけど月曜から呑んでいいの?」
「時差出勤で仕事開始遅めにしてるから平気」
そう言って早速人んちに上がり込むと我が物顔で冷蔵庫を開けて冷えたグラスを引っぱり出して早速ビールを注ぎ始める。
冷えたグラスを常備してる俺も大概どうなんだとか言わないで欲しい。
「別にいいけど……あ、アド街見た?」
「見たけどNECが出た瞬間にグリーンロケッツさんから鬼電来たから電源落とした」
「俺のとこにも来たわ」
ふわふわ泡のビールに口をつけると、少し気分が晴れた。
サンゴリアスにもビールを持って来たビールを注いでやると「注ぐのヘタだなあ」と呟いてくる。
「どーせ俺はお前みたいなプロじゃないからな」
「そっか、じゃあしょうがないね。あ、今度呑むとき神泡サーバー持ってこようか?新しい奴!」
こいつの他人の地雷を踏み抜くところはある意味天才的だと思う。
しかし秒で反省の意と対策出してくるお陰で嫌悪感までは抱かせないあたり性格は悪くないんだよな……。
「またサーバー出すのかよ!」
「今年のはお手入れいらずで専用ホルダーもつくんだよ!去年の奴すぐ失くした先輩でもなくさないように冷蔵庫に張り付くようになってんの!」
「そうか、うん、まあ気持ちだけ貰っとくわ……」
正直酒の味にこだわる方じゃないので神泡サーバーとか言われても困るのだが本人が楽しそうなので気にするまい。俺は後輩には優しくする主義なのだ。
(あ、この焼き鳥旨い)
新型コロナだの試合の延期だの嫌なことは多いけど、酒は俺を裏切らない。
「早くラグビーしてえなぁ……」
「ほんとにねー」




ブレイブルーパスとサンゴリアス。気づくと飲んだくれてる府中ダービー。

拍手

存在しない世界の語り

「国境のエミーリャ」を読んでたら思いついたお話です。
タイトル通りif世界の日本についての話なので苦手な方はお気を付けください。


拍手

バーコード

カウンター

忍者アナライズ