忍者ブログ

コーギーとお昼寝

市町村・鉄道・企業擬人化サイト、オンラインブクマはご遠慮ください。

ストロベリー&チョコレート

「知ってる?いちご大福って倉敷発祥なんだよ」
私がそんなことを言いながらおやつのいちご大福を差し出すと「そうなの?」と聞いてくる。
「うん、児島の方に発祥のお店があるって聞いたからここ来る前に寄り道して買って来たんだよ」
金曜日の昼下がり。
まだまだ終わらない仕事の山からの短い現実逃避にと買って来たおやつとコーヒーに福山は目を輝かせた。
現場仕事のために着ていた作業着を脱ぐと汗ばんだ皮膚にシャツが張り付いておっぱいの大きさがハッキリわかるような状態になってしまい、周りの若い男の子たちがソワッとするのが分かる。
男だらけの職場で福山がモテるのはわかるけど、私のお嫁さんなのであげませんよーだ!と思い切りあっかんべしてやるとすいませんと言うように彼らは視線をそらした。ふむ、あっさり引いた子たちは許そう。
福山が力仕事で汚れた手指をしっかりウエットティッシュで拭うと箱から丁寧にいちご大福を取り出す。
「美味しそう……」
「でしょ?」
福山がそんな風に笑う顔が、私は一番好きだ。私の大好きな愛しのひと。そして生まれた時からずっと近くにいた一番近しい人。
べつに葺合や西宮のことが嫌いな訳じゃないけど、私にとってずっと近くにいてくれたのは同業他社でも隣町にいた福山だったのだ。
「先食べていーよ」
「……何か企んでない?」
「企んでないよ」
粉を落とさないように気をつけながら福山が大きな口を開けて大福を齧ると、びっくりしたように目を開いた。
メガネの向こう側の眼差しはこの小さなサプライズの成功を意味してる。

「チョコクリームのいちご大福だ……」

福山のつぶやきに「そういうこと♡」と答えると、福山はカレンダーを見て「今日だったわね、バレンタイン」と呟いた。
製鉄所そのものである私たちにまともな休みなんてありゃしない。だけど恋人同士としてバレンタインにいちゃつく権利ぐらいはあるはずだ、と言うかそうじゃないと誰とは言わないけどバレンタインに合わせて北九州から釜石に飛ぶどっかの誰かさんの事を踏まえたら不公平だと思う。
「チョコ、また用意し損ねちゃった」
「いいよ別に、これからもずーっと私が責任もって福山のためにチョコ用意するんだから。ね?」
いちごとチョコレートのように最高の組み合わせの私達はこれからもずっと横に居続けるのだ。


水島と福山。
ピクグラバレンタイン参加作品でした。

拍手

PR

あの日の壁を乗り越えて

夜明け前の街の寒さに震えながら、私は竹灯籠に灯りをともす。
「姉さん、」
「加古川も来てたのね」
「何のために昨日からいたと思ってるんですか」
「それもそうね」
「コーヒー淹れて来てあるんで飲みませんか」
加古川がカバンから出してきた小さな魔法瓶を受け取ると、ブラックコーヒーの苦みと熱さが冷えと眠気に襲われた身体を覚ましてくれる。
加古川も竹灯籠に火を灯し、静かに手を合わせる。
夜更け前の東遊園地は人が多いにもかかわらずどこまでも静寂が広がり、誰もが竹灯籠に祈りを捧げているのが薄暗がりの中にも見ることが出来る。
「ねえ、25年って長いと思う?短いと思う?」
「……わたしは、人間の人生のスパンで考えたらすごく長いと思います」
「そうね」
もう一度ブラックコーヒーを飲み込む。
その強烈な苦みと熱さが私に生きている、という感覚を伝えてきた。

「加古川、これからもどうか往きましょう。この神戸の街に」

何度傷ついても死んでなんてやるものか。
私の生きざまを加古川にすべて与え切るまでは、どんな地獄の果てであっても駆け抜けよう。
神戸製鋼と言う名をこの街の空に掲げて。
「はい」
黙とうを告げる声が響くと、私と加古川は手を繋いで目を閉じた。




神戸ネキと加古川ちゃん

拍手

僕らいつまでも

「あーあーあー!やってらんない!」
ふてくされ気味のサンゴリアスが三本目の焼酎に手を出そうとするので、せめてお湯で割らせようと大きな湯飲みに湯冷ましを入れて差し出した。
「明日仕事でしょ」
「成人の日だから休みですぅー」
湯冷ましに麦焼酎をダバッと入れて飲み始めると、今日のことめちゃくちゃ気にしてるな……と苦笑いになる。
開幕戦での府中ダービー、しかもNHKの中継付きと言う滅多にない好待遇の試合で負けたのがよほど気にくわないのだろう。
「でも松島のまた抜きパスなんて芸術的で面白かったじゃん」
「そうだけどさー、せっかくなら勝ちたかったじゃん」
「……まあその気持ちは分からないでもないかな」
チューリップから揚げをサンゴリアスの口に放り込んでやれば美味いと小さく呟いて咀嚼した。
勝った側の俺が何言っても聞いてくれないだろうなあ、と思いながら俺の方も明日に残らない程度にのんびり酒を飲む。
「でも今日は満員御礼でいい試合だったじゃん」
「そっちはリーチコールすごかったもんね」
サンゴリアスは皮肉めかしてそう言うが俺としては「しょうがないよ、リーチだし」としか言いようがない。


「いつまでもいつまでも、あの満員のスタジアムで試合ができるよう努力しないとね」

そう思うでしょ?と問えば、サンゴリアスも静かに頷くのだった。


ブレイブルーパスとサンゴリアス。

拍手

きみは今もこの胸に生きて

「あ、そう言えば今年のスーツなんだけどね」
「んなギリギリ過ぎません?」
「ちょっと時間がかかったのよ。これが今年のあなたのスーツ」
いつものお茶の時間、姐さんが思い出したように差し出したのは紙袋だった。
そこにはかつて鎬を削ると同時に同郷の後輩として可愛がったチームの親会社の名前が記されていた。
「ワールドさんとこですか」
「そうなのよ、同じ神戸の仲間としてね」
泣き別れた相手の親が仕立てたスーツと言うのは少々複雑な心境ではあるが、荒い格子柄に赤のネクタイと言う組み合わせは美しかった。
「ねえスティーラーズ、もうあの日から25年なのよ」
姐さんの言うあの日がいつを指すのか。神戸に生まれたものならば誰もが想像できる。
そして姐さんにとってのあの日がいかに重く重要な意味を持つのかもわかっている。
けれど後輩と強く結びついたあの会社の名前を聞いてしまうと、だめだった。
「俺にとっては可愛い後輩が居のうなって11年って思ってまうんですけどね」
「……そうね」
姐さんは分かっている。大切に想う人を見送る寂しさと痛みを。
けれどそこに立ち止まってはいけないという現実も分かっている。
「スティーラーズ、今年は私にとって特別なの。オール神戸で戦い抜いて欲しい、その意味は分かるでしょ?」
神戸市の花であるさざんかのネクタイピンと神戸タータンのマフラー。
姐さんが俺のために特別に誂えたというそれを無言で受け取る。


「……分かりました。今年も俺の年、いや、神戸の年にしたりますわ」

その魂の全てを受け取ったように重いスーツとのセットをぎゅっと握りしめた、開幕戦前夜のことである。


スティーラーズと神戸ネキ。
この話を聞いたときちょっと泣きそうになったんですけど神戸しんどすぎません……?

拍手

開幕のホーンはもうすぐだ

疲れると頬をムニムニと揉むのはブレイブルーパス先輩の癖だった。
「なんか今年は特別忙しいよなあ」
「今年は色んなテレビが呼んでくれてますもんねえ」
「僕のとこもです……」
イーグルスが疲労のにじむ笑みをこぼしつつレンゲで麻婆豆腐を掬う。
テレビ局からほど近いこの店は複数の社員選手推薦の本格的な麻婆豆腐が味わえる名店だが、いつもこのメンバーで集う時はユニフォームか私服なのに今回はテレビ用に準備したスーツだ。
「我のように日本代表不在でも埋め合わせで呼んで貰えて有り難いがな」
「ほんとですよね、まあ本当は日本代表がいる上で呼んでもらうのが一番ですけど」
ブラックラムズとレットドルフィンズがありがたやと言う顔で同席しているが、二人もやはり見慣れないスーツで来ている。
ラグビー熱冷めやらぬ日々のなか、日本代表在籍チームはもちろんそれ以外の連中の色んなテレビ局や新聞各紙を駆けずり回ってラグビーの宣伝に熱を入れている。
「にしてもこれ本気で辛くないですか……」
レッドドルフィンズがそう呟くと「四川の味だからなあ」と俺が呟く。
ほんとはここにビールを合わせるのが最高に美味いんだけど、まだまだ仕事が続くので飲むわけにはいかない。
「この水餃子全然辛くないですけど美味しいですよ、口直しに少し食べます?」
「いただきます」
気を使ったイーグルスが水餃子を一つ分けてやったりしてるのを横目に俺は麻婆豆腐でごはんをモリモリ食ってるので、野菜も食えとブレイブルーパス先輩にピクルスを押し付けられる。
この最高に楽しい季節の前夜祭はまだもうすこし続くのだ。



サンゴリアスと愉快な東京本拠地組の皆様。
トップリーグ開幕は1月12日から!

拍手

バーコード

カウンター

忍者アナライズ